ブランケットステッチ

私は2枚の布を縫い合わせて縁かがりをする時に多用しています。
こちらでは、ブローチ作成で多用する、フェルトと合皮2枚の布を合わせて縁かがりをする事を想定して説明しています。

▶︎▶︎ ブランケットステッチの「縫い終わり」方法はこちら。

1 布の端から3〜4mmくらい内側に、フェルトと合皮の間から、フェルトに向かって針を出します。

2 ①で針を出した所から5mm左に、今度は合皮→フェルトに向かって針を出します。(糸が2枚の布の端に巻きつくイメージ)

3 糸が2枚の布の端に巻きつくイメージです。

4 布の端に巻きついた糸に針を通します。

キュッと上に向かって糸を引き締めます。この繰り返しです。 スタートの縫い目だけは引っ掛ける糸が無いので、斜めに糸が渡ります。

この繰り返しです。 スタートの縫い目だけは引っ掛ける糸が無いので、斜めに糸が渡ります。

今回はわかりやすくするために、あえて刺し始めにステッチ幅に対して詳細の数値を指定しています。実際はお好きな縫い幅で縫ってください。

ブランケットステッチに慣れて来たら、①と②の間ビーズを通しながら縫うと可愛いく仕上がる上に、ビーズの幅に合わせて縫う事になるので、縫い目も綺麗になって一石二鳥です。ステッチに慣れてきたら是非挑戦してください。この時、使用する針にビーズが通ることを必ず確認してから縫い初めてくださいね。