玉結びの方法

針に糸を通したら玉結びです。
昔は指先に糸をくるくる巻きつけて玉結びをしていましたが、
成功率が低くイライラさせられたものですが、こちらの方法ですとほぼ失敗がありませんので是非!
(説明図は右利きver.で描いています)

1 糸の端(玉結びしたい場所)を、針の先から約2cmの所に針と垂直に交差させて置きます。

2 針と糸を交差させた場所を、左ての親指と人差し指でつまんで、
右手で反時計回りに2周巻きつけます。くるくる。

3 針に巻きつけた糸を軽く引き寄せまとめます。

4 引き寄せ、まとめた糸を
左手の親指の爪と人差し指の先で挟んで押さえたまま
右手で針を上に引き上げます。

5 玉結びが完成しました。

手順1の図では針に置いた糸の端が針より左側に出ていますが、逆に糸の端が針より右側になるように置いた場合は、手順2で、時計回りに糸を巻きつけてください。
また、玉結びの大きさは、手順2で何回針に糸を巻きつけるかによって異なります。巻きつける回数が多ければ多いほど大きな玉結びが出来ます。糸の太さや、布の目の粗さに合わせて玉結びの大きさを調整してくださいね。